北海道書店ナビ

北海道書店ナビ  第151回 コーチャンフォー釧路店

書店所在地はこちらをご覧下さい。

心を揺さぶる一冊との出会いは人生の宝物。書店独自のこだわりやオススメ本を参考に、さあ、書店巡りの旅に出かけてみませんか?

2013年冬の現時点で全道に6店舗展開しているコーチャンフォー取材も、トリを務めるこの釧路店で一区切り。各店舗を地域性とともに紹介してきた中でも、同店“発祥の地”である釧路では他店にないコーナーを発見。さらに「日本一×××を売った書店」の称号を獲得したというからスゴイ![2013.11.25]

[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=rWyRQzZtnZ4]

本社がある釧路・春採地区に店を構えるコーチャンフォー釧路店。書籍500坪・文具270坪・CD&DVD280坪にミスタードーナツを備える超大型複合店を笹原学マネージャーにご案内いただいた。「当店の一番大きな特徴はCD& DVDの『レンタル』と『ゲーム販売』コーナーもあるところ。この釧路店だけの構成です」。
取材当日は平日の午後2時近くでも店内に幅広い年齢層が分散し、利用ニーズも人それぞれ。だが読みたい・知りたい本までもが分散しすぎていては探す側もひと苦労だ。そこで笹原マネージャーたちは店に入ってすぐの一等地にランキングと新刊・話題書、そしてコーチャンフォーが力を注いでいる児童書を固めて、もっとも“マスな層”に訴えかけるゾーンを作成。「毎日来てもいつも新しい発見があるように、わかりやすさと旬を大切にした店作り」で釧路市民を喜ばせている。

今年の釧路はなんといってもこのニュースでおおいに沸いた。釧路出身の作家桜木紫乃さんの『ホテルローヤル』が7月直木賞を受賞。コーチャンフォー全店で桜木コーナーを設け、地元のサイン会では行列が外まで続いたという。結果、釧路店は「日本一『ホテルローヤル』を売った店」として作家出身地の面目を躍如。一店舗ながら2000部以上の販売実績(2013年11月時点)で業界を驚かせた。

「こちらもご覧ください」と笹原さんに案内された文具コーナーでは、この10月に釧路動物園に新しくやってきたキリン人気にあやかり、かわいらしいキリングッズを集めた特設コーナーも見せていただいた。こうした展開を楽しめるのも複合店だからこそ。地元愛と複合店の魅力が詰まった全道6店舗のコーチャンフォー。次の7番目となる幸せなまちは一体どこのまちだろうか。つい想像をめぐらせたくなる。

Store picture

釧路店のみ!「DVD&CDレンタル」「ゲーム販売」コーナーを併設。

機関車が目印の児童書コーナー。階段状に表紙を飾るなど見て楽しい世界観を作り上げている。

10月24日から12色のブックカバーとお揃いのしおりサービスもスタート!社内のアイデアコンテストから出た企画をすぐに実現した。

Basic information

【  住    所  】釧路市春採7丁目1番24号
【 電 話 番 号】0154-46-7777
【 営 業 時 間】9:00〜24:00
【 定  休 日  】年中無休

笹原マネージャーがセレクト! 3冊のおすすめ本

1)志茂田景樹著・木島誠悟イラスト「キリンがくる日」(ポプラ社)

全国メディアでも取り上げられた実話を元にした絵本です。キリンのいない釧路動物園にやってきたけんとくん。「キリンがくるまでまっていてくださいね」と書いた看板を前に「いつ、くるのかな…」。そんなけんと君にあるとき園長先生が話しかけてきました…。慈愛に満ちた絵を描いたのはコーチャンフォーもお世話になっている釧路のデザイナー木島さんです。「いのち」の輝きと動物園で働く人々の想いがやさしい筆づかいから伝わってきます。

2)志茂田景樹著「ぼくらの街にキリンがやってくる」(ポプラ社)

上の絵本と同じコンビで「チャイルズエンジェル450日の軌跡」を綴った本書はノンフィクション。キリン募金を始めた市民団体「チャイルズエンジェル」だけでなく彼女たちを応援してくれた人々の想いまで細やかにすくいる志茂田先生の文章に思わずあたたかい涙がこぼれそう…。これから釧路動物園のスカイくんを観に行かれる方はぜひこの本で予習あるいは振り返りをしてみてくださいね!

3)芳野靖夫監修『クラシック作曲家大全』(日東書院本社)

「より深く楽しむために」というサブタイトルどおり、1000年以上にわたるクラシック音楽の歴史を網羅した愛好家必携のガイドブック。約300人の作曲家の生涯や作風、主要作品を豊富な図版とともに紹介。事前予約された方には限定で巨匠フルトヴェングラー指揮の「運命」「皇帝」2曲を収録した特典CDもついています。これからのプレゼントシーズンに、自分へのご褒美にいかがですか?

ページの先頭へもどる

最近の記事