北海道書店ナビ

第9回 未来屋書店桑園店

書店所在地はこちらをご覧ください

心を揺さぶる一冊との出会いは人生の宝物。書店独自のこだわりやオススメ本を参考に、さあ、書店巡りの旅に出かけてみませんか?

【頼りになります!書店スタッフインタビュー】 [2010.12.27]

「想像力を膨らませてくれる絵本がたくさん!」星野 綾子店長

−もとは本州勤務でアルバイトから社員に昇格、2010年3月に未来屋書店桑園店の店長に就任した星野綾子さん。イオン札幌桑園店の2階という場所柄、どんな店づくりを心がけていらっしゃいますか?

今の時期は日記や手帳も豊富

今の時期は日記や手帳も豊富

星野:イオンのお客様は食料品売り場がお目当ての方が大半を占めています。ほぼ毎日いらっしゃる方も多いため、私ども未来屋書店でも“年末年始の時期には日記、手帳”といった季節感を意識した展開を大切にしています。

−キッズコーナーに幼児ドリルや知育玩具が充実しているところもファミリー層が多い書店ならでは、ですね。そんな星野店長のオススメ本とは?

オススメ本を持つ星野綾子店長

オススメ本を持つ星野綾子店長

星野:私の大好きな絵本、島田ゆかさん作『バムとケロのさむいあさ』(文溪堂)は、犬のバムとカエルのケロの日常を描いたとっても楽しい人気シリーズの一冊。1996年の発行から現在まで49刷を重ねるロングセラーです。バムとケロが使う家具やおやつのクッキー、どのページにも出てくるサブキャラなど、細かな描き込みがとにかくかわいくて! 2011年1月31日にはファン待望の最新作『バムとケロのもりのこや』が発売されます。

−絵を見ながら読者がいろんなことを想像できる本ですね。

読み聞かせには大型絵本を

読み聞かせには大型絵本を

星野:そうなんです。私自身、親の読み聞かせで育ち、“本が身近にあるのが当たり前”の日々を送ってきました。読書は子どもにも大人にも考える力を育んでくれるもの。“自分を作るうえで大切な存在”として、これからも本の魅力をお客様と共有し続けたいと思っています。

フェア情報

「ONE PIECE フェア」 開催中〜

大人気の「ONE PIECE」。コミックだけでなく、キャラクターパズルや文房具など、豊富な品揃えでフェア展開中。

「ササッと読める知識のふりかけ 雑学文庫フェア」 2011年1月1日(土)〜1月31日(月)まで

思わず‘クスッ’と笑えるものから、タメになるものまで、幅広く雑学文庫を集めてみました。

未来屋書店桑園店が太鼓判!今月のオススメ本

齋藤智裕著『KAGEROU』(ポプラ社)
話題騒然の第5回ポプラ社小説大賞受賞作。水嶋ヒロの処女作、哀切かつ峻烈な「命」の物語。レビューが飛び交う作品こそ“自分はどう読んだか”を自問したい。

書店週間売筋ランキング [対象期間:12月13日〜12月19日]

文庫

第1位:「ノルウェイの森」村上春樹著(講談社)

第2位:「切羽」佐伯泰英著(祥伝社)

第3位:「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎著(新潮社)

文芸書

第1位:「KAGEROU」齋藤智裕著(ポプラ社)

第2位:「マボロシの鳥」太田光著(新潮社)

第3位:「王様ゲーム」金沢伸明著(双葉社)

ビジネス書

第1位:「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」岩崎夏海著(ダイヤモンド社

第2位:「怒らない技術」嶋津良智著(フォレスト出版)

第3位:「超訳 ニーチェの言葉」フリードリヒ・ヴィル(ディスカバー21)

趣味生活書

第1位:「続 体脂肪タニタの社員食堂」タニタ著(大和書房)

第2位:「めざせ!あこがれのパティシエ」日本放送協会著(日本放送協会出版)

第3位:「シリコンスチームなべつき使いこなしレシピBOOK」藤井恵著(主婦の友社)

児童書

第1位:「かいけつゾロリのだ・だ・だ・だいぼうけん 後編」原ゆたか著(ポプラ社)

第2位:「どうぶつしょうぎ」(幻冬舎)

第3位:「チャレンジミッケ!サンタクロース」ウォルター・ウィック著(小学館)

ページの先頭へもどる

最近の記事